このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された方々、並びにご関係の皆様に心からお見舞い申し上げます。


東日本大震災義援金についてご報告

こちらからおすすみください

【3ヶ所通常拝観再開のお知らせ】
 平素よりご参拝いただき、誠にありがとうございます。
 先般西日本を中心に猛威をふるった台風21号の影響により、伽藍の拝観を中止しておりましたが、整備も無事終わりましたので、10月6日より3ヶ所「三宝院」「伽藍」「霊宝館」の拝観を再開いたします。
なお、「上醍醐」につきましては、引き続き入山中止とし、参拝再開の折はホームページ等でお知らせいたします。
ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。
2018年10月6日 総本山醍醐寺
台風21号による倒木のため上醍醐への登山、入山は終日禁止致します。


★お知らせ★

醍醐寺のフェイスブックページができました
こちらよりご訪問ください
https://www.facebook.com/daigoji/

五重大塔開扉納経法要
 毎月29日(2月は28日)
 午前10時30分、午後1時30分
 毎月29日に、醍醐天皇の月ご命日にあわせ、五重塔の扉を開けて、醍醐天皇、朱雀天皇、村上天皇の顕彰と穏子皇后のお心に対しての法要を執行いたします。
 法要が営まれている時、五重塔の内部を外部基壇上から拝観できます。拝観していただくには、拝観料と別途写経奉納料1000円が必要です。
○当日、醍醐寺参道(仁王門前桜の馬場)では、醍醐市が開催されます。


2月3日 午後1時
 節分会
下伽藍 清瀧宮

◎「京都・醍醐寺展 ー真言密教の宇宙ー」
  福岡展 FUKUOKA
 会 場:九州国立博物館
 会 期:平成31年1月29日(火)〜 3月24日(日)
   ※作品保護のため、会期中展示替を行います。
 開館時間:9:30〜17:00
      (入館は16:30まで)
  ※毎週金・土曜日は20:00まで夜間開館
      (入館は19:30まで)
 休館日:月曜日
   ※ただし2月11日(月・祝)は開館、2月12日(火)は休館
 主催:総本山醍醐寺、九州国立博物館・福岡県、
    TVQ九州放送、西日本新聞社、
    日本経済新聞社、BSテレビ東京
 特別協力:太宰府天満宮
 お問い合わせ:九州国立博物館
  NTTハローダイヤル 050-5542-8600
   (8時00分〜22時00分/年中無休
  http://www.kyuhaku.jp/

2月23日
五大力尊仁王会(にんのうえ)
(五大力さん)
於 金堂

2月15日〜21日
仁王会前行


このサイトより五大力尊「御影」の申し込みができます。
こちらよりお進みください。

★ 霊宝館

◎醍醐寺霊宝館
 通常展
 平成館開館
  平成31年1月4日 (金)〜2月28日(木)
 開館時間:9:00〜は午後4時30分まで)
(入館は閉館30分前まで)


◎写経会
 日時:1月20日(日)
   9:00〜13:00
  
 9:00〜11:30
 三宝院拝観受付で写経の受付
 12:00〜 
 写経奉納のお勤め。
 その後、法話。

★2月、8月の写経会はお休みです。
★写経会の参加には2000円の奉納料が必要となります。
★写経会に参加された方には軽食をご用意いたします。
★写経会に参加された方は、写経会当日の三宝院、伽藍、霊宝館の拝観ができます。
●お問い合わせは醍醐寺寺務所まで。







平成30年12月3日から
平成31年2月末日の間、
三宝院、伽藍、霊宝館の拝観時間が、
午前9時から
午後4時30分
になります。
※発券終了は閉門1時間前まで(各所入場は閉門30分前まで)



■上醍醐への入山料が必要です。

平成20年6月より上醍醐へご登山の場合、入山料が必要となっております。上醍醐登山口女人堂にてお納めいただき、入山受付を必ずお済ませ下さい。

メールマガジン「醍醐寺だより」配信のご案内
醍醐寺の境内は、
禁煙
飲食禁止です。



醍醐寺 Q&A

★納経所のお知らせ★

下記の納経、ご朱印は
「観音堂」で受け付けております。

◆総本山醍醐寺
◆真言宗十八本山
◆西国三十三所第十一番札所
◆西国薬師四十九霊場第三十九番
◆近畿三十六不動尊霊場第二十三番
◆役行者霊蹟札所
◆神仏霊場会

總本山 醍醐寺
住 所:〒601-1325
 京都市伏見区醍醐東大路町22
電 話:075-571-0002
      (午前9時から午後5時受付)
FAX:075-571-0101
(C)DAIGOJI
戻る