このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された方々、並びにご関係の皆様に心からお見舞い申し上げます。


東日本大震災義援金についてご報告

こちらからおすすみください

【3ヶ所通常拝観再開のお知らせ】
 平素よりご参拝いただき、誠にありがとうございます。
 先般西日本を中心に猛威をふるった台風21号の影響により、伽藍の拝観を中止しておりましたが、整備も無事終わりましたので、10月6日より3ヶ所「三宝院」「伽藍」「霊宝館」の拝観を再開いたします。
なお、「上醍醐」につきましては、引き続き入山中止とし、参拝再開の折はホームページ等でお知らせいたします。
ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。
2018年10月6日 総本山醍醐寺
台風21号による倒木のため上醍醐への登山、入山は終日禁止致します。


★お知らせ★

醍醐寺のフェイスブックページができました
こちらよりご訪問ください
https://www.facebook.com/daigoji/

紅葉情報
見頃

秋期夜間拝観のご案内

 五感を澄ませ
 僧侶とともに祈る
  錦秋の夜

 ◆奉納コンサート
 桃山音楽隊モモンガ!
 出演:MOMONGA(桃山音楽隊モモンガ!)
 日時:11月22日(木)午後7時〜
 場所:金堂

 ◆声明公演
 御詠歌の世界『平安の響』
 総本山醍醐寺 声明公演
 日時:12月1日(土)午後7時〜
 場所:金堂

 鑑賞料:夜間拝観料
     1,000円が必要となります
※公演中の退席はご遠慮ください。
※詳細は醍醐寺寺務所に
 お問い合わせください。

五重大塔開扉納経法要
 毎月29日(2月は28日)
 午前10時30分、午後1時30分
 毎月29日に、醍醐天皇の月ご命日にあわせ、五重塔の扉を開けて、醍醐天皇、朱雀天皇、村上天皇の顕彰と穏子皇后のお心に対しての法要を執行いたします。
 法要が営まれている時、五重塔の内部を外部基壇上から拝観できます。拝観していただくには、拝観料と別途写経奉納料1000円が必要です。
○当日、醍醐寺参道(仁王門前桜の馬場)では、醍醐市が開催されます。


★ 霊宝館

◎醍醐寺霊宝館
 秋期特別展
 ※初公開
 ◆水晶宝龕(ほうがん)入り木造阿弥陀如来像
 −水晶中に輝く阿弥陀如来の小宇宙―
 本館、平成館、仏像棟開館
 平成30年10月15日 (月)〜12月10日(月)

 開館時間:9:00〜17:00(12月3日~は午後4時30分まで)
(入館は閉館30分前まで)


◎写経会
 日時:11月18日(日)
   9:00〜13:00
  
 9:00〜11:30
 三宝院拝観受付で写経の受付
 12:00〜 
 写経奉納のお勤め。
 その後、法話。

★2月、8月の写経会はお休みです。
★写経会の参加には2000円の奉納料が必要となります。
★写経会に参加された方には軽食をご用意いたします。
★写経会に参加された方は、写経会当日の三宝院、伽藍、霊宝館の拝観ができます。
●お問い合わせは醍醐寺寺務所まで。









■上醍醐への入山料が必要です。

平成20年6月より上醍醐へご登山の場合、入山料が必要となっております。上醍醐登山口女人堂にてお納めいただき、入山受付を必ずお済ませ下さい。

メールマガジン「醍醐寺だより」配信のご案内
醍醐寺の境内は、
禁煙
飲食禁止です。



醍醐寺 Q&A

西国三十三所草創1300年記念
特別拝観

 西国三十三所草創1300年を記念して三宝院純浄観、本堂、奥宸殿の特別拝観を行います。
 拝観場所:純浄観、本堂、奥宸殿
 日 時 :平成30年11月3日(土)〜12月2日(日)
 特別拝観料:500円(拝観料と別に必要となります)
★納経所のお知らせ★

下記の納経、ご朱印は
「観音堂」で受け付けております。

◆総本山醍醐寺
◆真言宗十八本山
◆西国三十三所第十一番札所
◆西国薬師四十九霊場第三十九番
◆近畿三十六不動尊霊場第二十三番
◆役行者霊蹟札所
◆神仏霊場会

總本山 醍醐寺
住 所:〒601-1325
 京都市伏見区醍醐東大路町22
電 話:075-571-0002
      (午前9時から午後5時受付)
FAX:075-571-0101
(C)DAIGOJI
戻る